風疹は子供がかかりやすい病気で、一度かかると生涯免疫を得ることが可能だと考えられていましたが、再感染するケースもありますし、大人でもかかるケースもあるのです。 はしかに似た症状が3日くらい続くことが多いため、三日ばしかと言った別名もあると思いますが、風疹とはしかは全く別の病気です。 風疹は特に大流行しない限りは、春から初夏にかけて流行し、3歳から1零才の子供が感染・発症しやすいでしょう。 症状は、発熱と全身に出る多数の細かい発疹、首や耳の後ろのリンパ節の腫れ、目の充血、咳、喉の痛みなどです。 大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)が風疹を発症した場合には、これらの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)に加えて頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)や腰痛が起きることもあり、症状も重くなると思います。 免疫のない人に感染させる恐れがありますから、発疹が消えるまでは外に出ない方が良いですね。 特に風疹の免疫のない妊婦に感染させてしまうと、障害のある赤ちゃんが生まれてしまう危険性があります。 治療のために病院に行く場合などには、くれぐれも妊婦と接触しないように気をつけましょうー